Newアクアラット100 #19
new
5ae6b21a5f78667f8e0012c9 5ae6b21a5f78667f8e0012c9 5ae6b21a5f78667f8e0012c9 5ae6b21a5f78667f8e0012c9 5ae6b21a5f78667f8e0012c9

Newアクアラット100 #19

¥4,197 税込

送料無料でお届けします

その他送料についてはこちら

アクアラット100 100mm 1.8oz class 約50g 前後 日本価格 3850円(税別) 推奨フック&リング サイズ #2〜3番 ※ こちらの商品は本体のみの販売となります。 アクアラット100は、アクアデザインが開発した新素材「アクアフォーム」を採用のハンドメイドルアーです。 硬質ウレタン系素材で、ウッドのような硬さと浸水性0%の高浮力が特徴の素材です。 前作の少量製作していたバルサウッドのボディを再設計したNew アクアラット100となります。 世界の様々な対象魚を釣るために製作したアクアデザインのプライベート ルアーとなります。 動画 https://youtu.be/hBq8rJwz-Aw ※ 特徴 ※ ・自重のあるボディは、高浮力ながらバイトした際にルアーを弾かれるミスバイトを減らす効果があります。 ・ジョイントボディは、高浮力で大きめなテールの効果により、強いキックバック アクション効果があり、低速でも力強いロールアクションで泳ぎます。 水を掻き回しながら、軌道後方に残る反転流で、ルアーの存在を静かにアピールさせて、低速でもカチカチとした甲高いサウンドを奏でる、デッドスロー専用設計のラット型ルアーとなります。 ・天然素材の鹿皮テールを採用し、水に絡む艶めかしい動きを演出しています。 ・アルミ素材のリップを採用する事により、金属パーツとの共鳴音を奏でる効果やミスキャストや大型魚からの破損を減らし、リップを曲げる事により、お好みの動きへ変更する事も可能です。(1〜2mm範囲の微調整がお勧め) ・ジョイント部には、ステンレス素材のパーツがセットされており、甲高いメタルスクラッチサウンドを奏でます。 ・フックとリングの重さ「アウトウエイト」のパワーにより、ルアーの動きが変化します。 重量のあるフックやリングを利用したり、フックにフェザーやマラブーを巻く事により、様々な使い方が可能です。 ※ 使い方 ※ ・ロッドを立てた状態で、アクアラット100が泳ぐ限界の低速度で泳がせる「スラッグ リトリーブ」が基本となります。 ・ロッドを立てて、糸の弛みを均一に作り、糸の弛みを利用して、弛みを回収するように低速でフラフラと泳がせるの、がアクアラット100の威力を最大限に発揮させる基本の釣り方です。 ・慣れてくると、ロッドを立てなくても、糸の弛みを作りながら、泳がせる事が可能です。 ※ 大切なのは、糸を張らずに、糸の弛みを均一にして泳がせる事です。 ・クランクベイトのように、ロッドとラインを一直線で糸を張り、アクアラット100の重みを感じながら、低速〜中速域で力強く泳がせる方法でも釣れますが、基本はデッドスローに泳がせる方法がお勧めです。 ・ロッドアクションを利用した、移動距離の少ない左右へ移動させる「ドッグウォーク アクション」では、ピンポイントでの喰わせ効果もあります。 ・更に低速で泳がせたい場合は、板オモリをフロントボディに貼り付けると、より低速でも安定した泳ぎが可能となります。 ※ 注意点 ※ ・ハンドメイドルアーにつき、形・動き・浮力・重さ・塗装等に個体差があります。 可能な限り同じ動きが出るように「動きに余白がある」設計・製作しておりますが、ご購入の際はハンドメイドルアーにご理解の上、お買い求めくださいませ。 ・天然素材の鹿皮テールは、水に浸けた後は乾燥します。再度使う場合は、一度水に浸けて、手で揉む事により、再び柔らかく戻ります。 無理に引っ張ると破損に繋がる場合があります。 ・稀に鹿皮テールがフックに絡む場合がありますが、そのままキャストしても、着水・泳ぎ出しで外れます。 回転させないようにキャストすると、絡まないで使用することができます。 ・ルアーを遠くから回収する際に、強いテンションを掛けて泳がせると、リップが曲がり破損に繋がる場合があります。急な速度で回収する場合は、ロッドを立てて、ルアーを水面から浮かせて、滑らせるように回収する事をお勧めします。 ・リップを意図的に曲げる場合は、破損に繋がります。リップを曲げる場合は、ボディをしっかり持って、1〜2mm程度の微調整で、ゆっくり曲げてください。 曲げた場合は、隙間が出来る場合がありますので、必ず瞬間接着剤で接着する事をお勧めします。 過剰に曲げると泳がなくなったり、ルアーの破損に繋がります。 ・ミスキャストでルアーをぶつけたり、水面に叩きつけるとルアーの破損に繋がります。 ボディが凹んだり、欠けたり、各金属アイが曲がったり、リップが曲がり、リップがぐらついた場合は、瞬間接着剤等で接着する事をお勧めします。 ・ルアーが真っ直ぐ泳がない場合は、ラインアイを上下左右に曲げる調整をして、真っ直ぐ泳がせる事をお勧めします。 ・魚が釣れた際には、無理に抜き上げたり、ルアーを持って抜き上げたり、ランディングネットの中で魚が暴れた場合は、ルアーの破損に繋がりますので、ご注意ください。 ・長距離使用すると、各アイが曲がったり、金属パーツ周辺に隙間が出る場合がありますので、長距離ご使用頂くためにも、定期的に瞬間接着剤等で接着して補修する事をお勧めします。